スマートフォンの方はこちら
医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック
テキストサイズ 小 |中 |大 |

芦屋市 一般保険診療皮膚科 美容皮膚科 皮膚外科 アレルギー科
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話:0797-34-0400

皮膚科 芦屋柿本 芦屋市 美容皮膚科 皮膚外科 アレルギー科 ビルボード

brd_01.png

ボトックス・ヒアルロン酸によるしわ治療

日本におけるヒアルロン酸によるしわ治療の草分けです


当院は日本における、ヒアルロン酸注入によるしわ治療の草分けのひとつです。
ヒアルロン酸によるしわ治療が世界的に広がり始めたのは2004年くらいのことです。
その当時はまだヒアルロン酸を日本で使用するためには、医師免許を提示し、認可輸入しなければなりませんでした。当時、世界最大手だったのがスウェーデンのQ-MED社でした。私はさらなる高度な施術技術を学ぶべく、Q-MED社主催の技術指導会に積極的に参加しました。Q-MED社の本国であるスウェーデンの大使館(六本木)で2004年に開催された指導会は、特に印象に残る会合でした。招待状を受け取って大使館に全国から集まったドクターは30人もおられなかったと記憶しています。そこでQ-MED社の関係者と知り合い、そのご縁からも同社の役員でもあるスウェーデンのドクターに当院までお越しいただいて、ヒアルロン酸治療の実技指導を受ける機会もありました。2009年には日本初(同時3名)のマスターに認定され授与式では香港に招かれました。私以外のお二人は六本木ニュービューティークリニックの山内貴元先生と高須クリニックの高須敬子先生でした。

日本での技術研修だけでは飽きたらなくなったので、モナコやパリで開催される世界中のアンチエイジング医療の権威が集まる美容医療医学会で、ハリウッドスターやスーパーモデルにも施術しているドクターたちに、レクチャーを受けにも行きました。

日本におけるヒアルロン酸によるしわ治療の草分けです2009年ハリウッド俳優御用達のKanodia医師 & 2010年パリEuropean Masters in Aesthetic & Anti-aging Medicine.にて

その後、2014年に、アラガンジャパン社のジュビダームビスタが日本での製造販売承認を取得してからは、これを使用しています。

640x480_22.jpg

2012年、パリで行われた学会ではカニューレという長い針を使った、ヒアルロン酸の画期的な打ち方が提案された場に居合わせることができました。そこで、当院では帰国後、いち早くこのカニューレ法を導入し、従来の注入法よりも高度にしわに対応できるようになりました。

カニューレという長い針を使った、ヒアルロン酸の画期的な打ち方

このように当院では、世界標準の技術を導入し、実績を積み上げてきております。

ボットクスビスタのテクニックは進化し続けます。


ボトックスはアラガンジャパン社の純正品、「ボトックスビスタ」を使用しています。
ボトックスの注入も、学べば学ぶほど、テクニックを要する施術です。

ボットクスビスタのテクニックは進化し続けます当院でボトックス施術の指導
当院ではアラガンジャパン社との連絡を密に行い、時には海外のドクターによる、当院での個人授業も受けてきました。お越しになるドクターからは当院の技術の確かさを保証され、また嬉しいことに当院の設備についても、過分なお褒めの言葉を頂戴いたしました。

しわを埋めるヒアルロン酸、筋肉の動きを止めるボトックス


しわを埋めるヒアルロン酸、筋肉の動きを止めるボトックス

現代におけるしわ治療の主流は、ヒアルロン酸の注入とボトックス注射の2つのミックスになっています。
ヒアルロン酸は表情が動いていない時に刻まれているしわを治療するもので、鼻唇溝(ほうれい線)、マリオネットライン、ゴルゴラインなどの窪んだしわに注入します。対するボトックスは筋肉の動きを止めるものなので、眉をしかめた時の眉間の縦じわや、笑った時の目元のカラスの足跡じわなど、表情が変わったときに出てくるしわに打つものです。
ヒアルロン酸とボトックスの両方による治療が必要なケースもありますし、「笑顔の笑いじわは愛嬌だからそのまま置いておきたいの」という方もいらっしゃいます。
このあたりは、患者さまのご希望を伺いながら治療を進めていきます。

1本1本のしわについてご希望を伺い、治療方法を決定


1本1本のしわについてご希望を伺い、治療方法を決定

初診の日、診察室では、患者さまと一緒に手鏡を見ながら、「このしわは良いけれど、このしわはちょっと気になりますね」と、白いアイシャドウペンシルで印をつけながら、1本1本のしわについてご希望を伺い、治療方法を細かく決めて調節いたします。
施術当日は、再度慎重に筋肉の動きを確認し、注入方向や刺入位置、注入量などを細かく決め、写真に記録します。これらの記録は次回以降の施術に大きな参考になりますので、カルテと一緒に5年間保存しております。
このような手技は、常に研鑽を惜しまず、年々磨きをかけてきたものです。また、当院をご訪問下さり、個人レッスンをしてくださったアメリカ合衆国のDr.Shambanや、スペインのDr.De Philipe からも多くのテクニックを学びました。

大切なのは顔を平面としてではなく、立体としてとらえることDr.Shambanによるスライド講義 & ボットクス注入奥義を教わる
大切なのは顔を平面としてではなく、立体としてとらえることにあります。
例えば顔のしわやくぼみを埋めるために、どこから針を入れてどれだけ薬液を注入すればよいかを考えるときに、他の美しい輪郭線を消さないことを意識すれば、どこに針をさせばよいかが決まってきます。
また注入量についても、どの程度注入すれば効果が現れるか、確かな判断が重要です。
そうした彫刻家のような判断ができるようになるまでには、多くの経験が必要です。

しわ治療では、10歳以上若返っていただくことが目標です


しわは老化の印とも言い切れず、実は20歳代の人にも少しはしわがあるものなのです。そのため、全てを消す必要はなく、若返りに効果的な場所だけを施術するように、おすすめしております。目標は、最小限の注入で10歳若返っていただくことです。

しわ治療では、10歳以上若返っていただくことが目標

ヒアルロン酸注入は、その場で治療は完成します。しかし、ボトックスは、効果がしっかり現れるまで1週間以上かかりますので、2週間後にもう一度来院いただいて、「効果が足りない」と思われる部分があれば、追加注入をいたします。追加分については無料で行っています。

しわ治療を受ける方は、人に会うことが多いお立場やご職業の方が多いようです。
しわがなくなると、皆さま、特に女性の方からは、「元気になった」「心が晴れた」とおっしゃっていただけます。

ヒアルロン酸の注入
1シリンジ(注射器) 54,000円(税込)
カニューレ注入法の場合も同じ料金です。
使用する薬剤はアラガンジャパン社の正規認可薬剤 ジュビダームビスタです。

ボトックス
50単位まで 54,000円(税込)
使用する薬剤はアラガンジャパン社の正規認可薬剤 ボトックスビスタです。

院長のコラム

ページトップへ ページトップへ

皮膚科 芦屋柿本クリニック ボトックス・ヒアルロン酸によるしわ治療
一般保険診療皮膚科 美容皮膚科 皮膚外科 アレルギー科