スマートフォンの方はこちら
医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック
テキストサイズ 小 |中 |大 |

芦屋市 一般保険診療皮膚科 美容皮膚科 皮膚外科 アレルギー科
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話:0797-34-0400

皮膚科 芦屋柿本 芦屋市 美容皮膚科 皮膚外科 アレルギー科 ビルボード

brd_01.png

スタッフ座談会

芦屋柿本クリニックのスタッフによる、座談会です。

当院に多く来られる患者さまの傾向や、ふだん患者さまと接する中で心がけていること、患者さまからよく聞かれることなど、みんなで話し合ってみました。

予約できるようになって、赤ちゃん連れの若いお母さまの来院が増えました


、赤ちゃん連れの若いお母さまの来院が増えました/芦屋柿本スタッフ座談

スタッフA
クリニックを新築して引っ越した当初は、「外から見て、普通の皮膚科なのか、保険診療をやっているのか、よくわからない」という声もあったようですが、最近は近隣の患者さまからは、そういう声は聞かなくなりましたね。
スタッフB
みなさま、健康保険証をお持ちになって、お越しになられます。
スタッフC
ご町内から、保険診療で来院される方は、やはりシニアの方が多いです。それから予約を取るシステムを導入してから、赤ちゃんをお連れになるお母さまの来院がとても多くなったと思います。
スタッフA
そうですね。これまでは、来院された順番に診療することにしていたのですが、予約をされれば待ち時間が少なくてすみますから、お子さまを連れて来やすくなったのかもしれないですね。
スタッフC
ただ、予約できる枠は毎日少しだけなので、赤ちゃんやシニアの方を優先しています。
スタッフB
知らない方のなかには、当院は完全予約制だと思ってらっしゃる方もおられるようですが、水曜日以外は予約がなくても大丈夫です。
スタッフC
あと次回の診療についても、「1週間後のこの日のこの時間」というふうに予約を取って帰られるシニアの方が増えましたね。


シニアの方への心配りを/芦屋柿本スタッフ座談

シニアの方への心配りをとても大切にしています

スタッフA
シニアの方につきましては、院内のご案内に気をつけています。
まずご来院されたら、受付からドア越しに足元が見えますから、杖をついておられる方や歩行器の方であれば、手が空いてる限りは扉を開けてご案内しますし、スタッフみんなもそういう患者さまが来られたことを意識します。
受付から、「この方は少し具合が悪そうなので、早く診てあげてください」といった指示が回ってくることもあります。
スタッフB 
問診票の記入についても、できるだけ介助させていただくようにしています。
また足元がおぼつかない方の場合は、一緒に診察室まで付き添わせていただきます。
スタッフC
診察室の中では、シニアの方は動きがゆっくりなので、どこでどのようにしていただきたいのか、きちんと説明して誘導するようにします。
スタッフB
赤ちゃんやお子さまを連れたお母さまのご来院も増えていますが、赤ちゃんはお母さまから離れると泣いてしまいますので、赤ちゃんを抱っこしたままで診察室にお入りいただいて、お持ちだったお荷物をスタッフが運ばせていただいております。
お母さまが診察を受けている間は、スタッフが赤ちゃんをお母さまのすぐ近くで抱きかかえています。
スタッフC
やはり当院では、患者さまに対してそうした気配りをすることをとても大切にしています。
あと、ベビーカーは、エントランスにベビーカー置き場がありますよ。

美容皮膚科では、10年以上来られている方も


美容皮膚科では、10年以上来られている方も/芦屋柿本スタッフ座談

スタッフA
電話でのお問い合わせで多いのが、ボトックスなどの施術を、ご来院したその日にできますかというものですが、院長と相談してなるべくご希望に添えるように努力しています。予約が必要なものもあるので、初回はご相談だけになるケースもあるのですが。
スタッフB
美容皮膚科のほうの患者さまは、様々な方がいらっしゃいます。
切実に悩んでお越しになる方、前回の施術で効果があったので継続をご希望になって来られる方、中には「本当にこれは効くのかな」と思いながら来られる方と様々です。
スタッフA
急におきれいになった場合、ご家族や、お友達が、驚いて一緒に治療を始められることも、よくありますね。
スタッフC
そういえば白内障の手術をして、視野が良くなった後、鏡で自分の顔を見られて、お肌の様子に気がついて来院されたという方が何人もいらっしゃいましたよ。
スタッフA
最初はにきびの保険診療で当院にかかっておられた患者さまで、ニキビが治ってくると「もっときれいになりたい」という気持ちが起こってきて、その先の自由診療のヒートマスク導入に進まれる方もおられます。
そうやって10年以上来られている方はたくさんいらっしゃいます。
スタッフB 
定期的に施術を受けに来られる方は、スケジュールに入れていらっしゃるようです。

ご不明な点は、何でもスタッフにご相談ください/芦屋柿本スタッフ座談

ご不明な点は、何でもスタッフにご相談ください

スタッフC
院長の診察が終わったあとに、私たちスタッフが引き継いて予約を取るのですが、その時に、院長にはお話ししにくかったことについて私たちに打ち明けていただけることがあります。
例えば「結婚式に向けて準備したい、予算はどのくらいあります」と伺えれば、いろいろなご提案ができるんです。
スタッフA
お仕事のシフトが不規則な方のなかには、「定期的に通えないので治療は難しいんじゃないか」と思い込んでいらっしゃる方も多いようですが、本当はもっとお気軽にお越しいただいて大丈夫なんです。
スタッフC
料金については、ヒートマスク導入と他の治療をセットにした場合は、ややお高めになることもあります。
それをずっと継続するのは難しいというのは普通のことなので、そういう負担感を感じられたらお気軽に、おっしゃっていただければと思います。
と言うのも、お肌はずっと変化し続けていくものなので、即効性のあるものを短期間やるよりは、長い期間定期的に続けたほうが、結果的に数年後、効果的なことが多いからなんです。

ページトップへ ページトップへ

皮膚科 芦屋柿本クリニック 
一般保険診療皮膚科 美容皮膚科 皮膚外科 アレルギー科