緊急事態宣言発令中は,良性皮膚腫瘍の手術は中断いたします。

お知らせ

 

 

 

5月6日までの緊急事態宣言が解除されるまでは、明らかな良性腫瘍の手術は一時中断いたします。

 

良性腫瘍とは
色素性母斑(俗称ほくろ)・アテローム(粉瘤/表皮嚢腫)・脂漏性角化症(俗称老人いぼ)・軟線維腫・毛細血管拡張性肉芽腫・神経線維腫・外骨腫・老人性疣贅(脂漏性角化症)・静脈湖・血管腫・眼瞼黄色腫・脂腺増殖症・皮膚線維腫・アクロコルドン・稗粒腫・ガングリオン

などです。

皮膚腫瘍の手術について

緊急事態宣言の発令中でも、皮膚癌ではないかと心配されてご相談の方はお越しになりますので、緊急性がないか診察を行い、良性の場合はどうやって除去をするのが一番綺麗か、費用はどれくらいかかるのか、などのご相談をしています。

決行できるのがいつになるか、新型コロナウイルスの感染がある程度収束をしてからになると思います。落ち着いてご相談いたしましょう。

 

診察の予約は
電話0797340400