一般皮膚科

芦屋柿本クリニック 一般皮膚科

一般皮膚科部門(保険診療)

皮膚科で対応する症状について

非常に幅広い皮膚症状・肌トラブルの範囲

日常でおこるお肌のトラブルや怪我といった幅広い症状の診療対応いたしております。その症状の中にはアトピー性皮膚炎やがんなどの良性・悪性の症状まで様々。一般皮膚科での診察から皮膚外科・形成外科部門の処置まで、当院の診療科目で診察し治療を行っていければと思います。


がんを発見した場合は連携医療機関へ

当院の患者さまでも年間数人は皮膚がんの方が発見されますし、最近は増加傾向にあります。病理検査の結果が皮膚がんであれば術前の写真や病理組織を添えて、連携する大学病院に紹介しております。視診の結果、疑わしい場合も、当院が病理検査をせずにそのまま連携病院にご紹介することもあります。連携する病院は神戸大学附属・兵庫医科大学附属・大阪大学附属・大阪市立大学附属などです。


幅広い皮膚疾患

乳乳児湿疹 化粧かぶれ 金属アレルギー 業務製品のアレルギー ベルトのバックルのかぶれ ピアス設置後の異常 アトピー性皮膚炎 貨幣状皮膚炎 ジベルばら色粃糠疹 自家感作性皮膚炎 進行性指掌角化症 主婦手湿疹 皮脂欠乏症 掌蹠膿疱症 爪白癬 足白線 帯状疱疹 単純ヘルペス 尋常性座瘡(ニキビ) 蜂窩織炎 感染性アテローム 虫刺症 強度の日焼け クラゲ刺症 ダニ咬症 花粉症 点眼剤アレルギー 薬疹 りんご病 水痘 爪周囲炎 伝染性軟属腫(水いぼ) 伝染性膿痂疹(とびひ) 近赤外線治療(スーパーライザー) 紫外線治療(セラビーム) ほか皮膚科に関する様々な症状の診療

 


アレルギー検査:症状の原因に近づくために

芦屋柿本クリニック アレルギー検査皮膚のアレルギー症状、炎症や湿疹を伴うアトピー性皮膚炎。現在の医学でも原因がよくわかっていない病気です。まずは血液検査やパッチテストで何が原因かを探ります。原因に近づけば症状改善の一歩に繋がります。

 

 

1.血液検査

血液検査 IgE RIST RAST 検査・39項目
ハウスダスト1 ・ヤケヒョウヒダニ ・スギ ・ヒノキ ・ハンノキ(属) ・シラカンバ(属) ・カモガヤ ・オオアワガエリ ・ブタクサ・ヨモギ ・アルテルナリア ・アスペルギルス ・カンジダ ・マラセチア(属) ・ネコ(フケ) ・イヌ(フケ) ・ゴキブリ ・ガ ・ラテックス ・牛乳 ・卵白 ・オボムコイド ・米 ・コムギ(実) ・ソバ ・大豆 ・ピーナッツ ・リンゴ ・キウイ ・バナナ ・ゴマ ・牛肉 ・豚肉 ・鶏肉 ・エビ ・カニ ・サバ ・サケ ・マグロ

さらにくわしく >

2.検鏡検査(白癬菌の検出)

水虫や爪白癬が疑われる時、ステロイドの副作用などで体部白癬が疑われる時に行います。菌が見つかるかどうかが治療方針を決める大きな分かれ目になるので、大切な検査です。皮膚や爪の一部をつまんだり削ったりして検体を採取します。(痛みはありません)次に苛性カリにつけてしばらく放置し、顕微鏡で菌を探します。 

3.パッチテスト

パッチテストの検査例

化粧品類

毛染め液・パーマ液・シャンプー・洗顔料・基礎化粧品・ メイク製品・歯磨きチューブ・整髪料

薬品

非ステロイド外用剤・保湿剤・目薬・育毛剤

職業上接触するもの

ゴム製品・化学製品・手袋素材

検査の流れをさらにくわしく >

4.ダーマスコピー

皮膚腫瘍の診断や、皮膚の表面の傷つき度合いを確認するための拡大鏡です。

 

 

一般皮膚科、さまざまな治療

にきび治療

芦屋柿本クリニック にきび治療

にきびは男女とも思春期から40歳代までに見られる症状です。皮膚の毛穴に化膿菌が入り膿(うみ)を持って腫れ上がるものです

 

 

にきび治療へ

アトピー性皮膚炎

芦屋柿本クリニック アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症や湿疹を伴うアレルギー疾患です。顔がはれ上がったり頭に湿疹ができたり、身体がかゆくて

 


イボ治療 液体窒素治療

芦屋柿本クリニックいぼ治療 液体窒素療法

液体窒素は、-196度の低温で患部を凍結することで病変部を脱落させる治療です。対象となる疾患は尋常性疣贅(ウイルス性イボ)、スキンタッグ(首のイボ)、脂漏性角化症(老人イボ)などです。保険適応治療です。

 

イボ治療 液体窒素治療へ

稗粒腫除去

芦屋柿本クリニック 稗粒腫除去

顔に多発することの多い稗粒腫は、その場で、またはペンレス(貼付用局所麻酔剤)を1時間以上貼った後に摘除します。使用する器具は患者さんごとに滅菌します。保険適応治療です。

 

稗粒腫除去

エキシマ光線療法(セラビーム)

308nmという特定のスペクトラムの中波紫外線を照射することで疾患がある部位に発生する炎症の原因をターゲット的に治療する医療機器です。掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、白斑などに保険適応です。

出力を上げながら効果を出していくため、治療完了まで10回から30回の治療回数を要します。週に1〜2度の通院をお勧めします。


近赤外線(スーパーライザー)

「スーパーライザー」は、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm~1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線治療器で、凍瘡、ニキビ、皮膚炎などに保険適応です。


軟膏包帯処置

皮膚科治療に欠かせない、軟膏外用処置をその場で行い、自宅でも同じ治療をすることで治療効果を高めます。外用剤を手渡すだけでは治らないような重症例に行います。保険適応治療です。


面疱圧出

ニキビの膿を出すことで、治療効果を上げます。使用する器具は患者さんごとに滅菌します。保険適応治療です。


水いぼ(伝染性軟属腫)摘除

水いぼは、数ヶ月から数年で自然治癒する疾患ですが、どうしても摘除が必要な方はシール型麻酔(ペンレス)を1時間以上貼付し、痛みを和らげてから摘除します。保険適応治療です。


診療科目