イボ治療 液体窒素治療

芦屋柿本クリニックいぼ治療 液体窒素療法

イボ治療

液体窒素治療

液体窒素療法の対象となるイボの状態・症状

液体窒素は、-196度の低温で患部を凍結することで病変部を脱落させる治療です。対象となる疾患は尋常性疣贅(ウイルス性イボ)、スキンタッグ(首のイボ)、脂漏性角化症(老人イボ)などです。その場で病変部が無くなるのではなく、1〜3週間後に脱落します。大型のものは数回の治療が必要です。使用する綿棒は患者さんごとに使い捨てです。保険適応治療です。

液体窒素によるイボ治療の流れ

例)液体窒素によるイボ治療
芦屋柿本クリニックいぼ治療 首のイボ首のイボ、タグのように飛び出してくると衣服に引っかかったり痒かったりと邪魔になることがあります。
 
保険診療による液体窒素での除去ができます。保険適応なので費用的にも受けやすく簡単な処置で、当院でも毎日のように行っております。再発のある方のリピートの多い治療でもあります。

イボ治療 液体窒素療法の流れ
1.液体窒素に滅菌済みのピンセットを浸します。芦屋柿本クリニックいぼ治療 首のイボ
arrow

2.飛び出したいぼを摘みます。芦屋柿本クリニックイボ治療

arrow

芦屋柿本クリニックイボ治療3.カチカチに真っ白に凍りついたら処置は終了。1分もかからない処置です。

arrow

芦屋柿本クリニックイボ治療4.しかしすぐに取れるのではなくて、2週間ほどで真っ黒になって脱落します。