稗粒腫除去

芦屋柿本クリニック 稗粒腫除去

痛みやかゆみの自覚症状の無い稗粒腫

症状や原因

稗粒腫とは

稗粒腫除去目元や鼻などに多く発症することのある、皮膚の表面にできる1~2mmほどの皮膚の病変です。目の周りのイボ(スキンタッグ)は色の違う、白くて硬いツブツブが発症します。新生児から大人まで様々な年齢に見られます。特に女性に多くみられることがあります。そのままにしておいても健康になにか害があるというものではありませんが、美的観点から問題を感じることもあると思います。

原因

生まれつき持ってる場合や、やけど・ケガをきっかけに起こる場合など様々。汗腺などの毛穴などを元に稗粒腫が発生します。もともと水疱のできやすい皮膚であったり、薬剤の影響で発症する場合など様々です。

症状

稗粒腫除去新生児などは多く発症することはありますが数週間で消えるます。ケガ・やけどを原因とする場合も数週間で消えるものもあれば長期残るものもあります。健康被害も無く痛みやかゆみもありませんが見た目に気になることはあるようです。なので「いつも間にか、顔に色んなものが出てきた。」 「白内障の手術を終えて鏡を見てびっくりした。」 と受診される方もいらっしゃいます。

稗粒腫除去の流れ

稗粒腫を除去するには、 うすい角質層の下に貯留した内容物を排出します。 当院では、皮膚科用圧出器具はつかわずに 感染予防と、跡を残さないように、使い捨て針とアドソン鑷子を使います。

イボ治療 液体窒素療法の流れ

稗粒腫除去1.稗粒腫の中には白いクリーム状のものや、それが硬化した粒が入っています。ペンレス(貼付用局所麻酔剤)を1時間以上貼った後に摘除します。
arrow


稗粒腫除去2.皮膚を傷つけないように、極細の針で孔を開けます。

arrow

稗粒腫除去3.その穴から、クリーム状の内容物を絞り出します。

arrow

その日は点状の出血点が残りますが、翌日にはわからなくなるほどの損傷です。

お越しになったその日に処置が可能です。